酵素サプリと酵素ドリンクを使い分けよう!

酵素サプリと酵素ドリンクでは、飲みやすさに違いがあります。
自分に合った商品を選ぶことが長く続けるポイントです。

 

酵素の働き

 

酵素は私たちの体が消化や吸収を行う際に必要不可欠な物質です。
体内の酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類に分けることができます。

 

消化酵素は、食事によって得た食べ物を消化し、栄養素に分解する働きがあります。
代謝酵素は、消化酵素によって分解された栄養素や、体に蓄えられている脂肪などからエネルギーを取り出す働きがあります。

 

体内にはおよそ5000種類の酵素があると言われており、体の各場所で働いてくれているのです。

 

野菜や果物に含まれている酵素は食物酵素と呼ばれています。
食物酵素は体内で生成することができないので、食事によって摂取します。
食事の際に食物酵素が含まれる食品を一緒に食べることで、消化酵素の働きを助けることができます。

 

現代社会では、食生活の乱れから消化酵素の過剰消費が指摘されています。
人間の体内で生成することができる酵素の総量は決まっており、消化酵素が過剰に消費された分だけ、代謝酵素の生成量が減ってしまいます。

 

代謝酵素が十分に確保できなくなると、エネルギーをうまく生成できなくなるので、疲れやすくなったり、太りやすくなったりしてしまいます。
食事にうまく食物酵素の含まれる食品を取り入れることによって、代謝酵素の量を確保することができるのです。

 

酵素をうまく摂取するには?

 

問題は方法です。
食物酵素が多く含まれているのは野菜や果物ですが、酵素は熱に弱い性質を持っているので、焼いたり茹でたりしてはいけません。
生の状態で食べる必要があるのです。

 

しかし、実は生の野菜や果物に含まれる酵素は細胞と強く結びついており、そのままではうまく摂取できません。
すりおろすことによって、細胞を壊せば効率よく摂取できるようになります。

 

いかに食事から食物酵素を摂取するのが難しいかがわかりますね。
ここでおすすめなのが生酵素サプリです。

 

野菜や果物を発酵させて作られた生酵素サプリは、酵素を効率良く摂取することができます。
さらに、素材そのものの栄養素も同時に摂れるので、健康や美容への効果も期待できます。

 

酵素ドリンクという商品も販売していますが、持ち運びが難しいという欠点があります。

 

簡単に飲める生酵素サプリがおすすめです。