酵素サプリが安い理由を解説!

酵素ダイエットをするときに、色々な酵素商品があって迷ってしまうと思います。
酵素サプリと生酵素サプリは酵素ダイエットで使われる代表的な健康食品です。

 

名前はよく似ていますが、効果や値段は全然違います。
間違えて自分の目的と違うものを買ってしまわないように注意しましょう。

 

酵素食品の違いはなに?

 

酵素サプリは近所のコンビニやスーパー、薬局などに置いてあったり、テレビやインターネットで宣伝を見る機会も多いので有名だと思います。
酵素サプリは酵素を高温高圧の処理によってカプセルに閉じ込めたサプリメントです。
カプセル状なので、飲みやすく、酵素を体内に入れることができます。

 

しかし、酵素サプリの酵素が体内で有効な働きをしてくれるかというと、実はそうではありません。
酵素は熱に弱い性質を持っているので、高温高圧処理がされた酵素サプリに含まれている酵素は失活してしまっているのです。

 

生酵素サプリは野菜や果物を発酵、熟成させて作られたサプリメントです。
発酵の際は非加熱処理となっているので、酵素の力を保ったまま商品化に成功しています。

 

以上の理由から、より酵素の力を感じることができるのは生酵素サプリです。
生酵素サプリの製造には時間がかかります。
原材料の発酵、熟成に長い年月を必要とするからです。

 

大量生産ができない生酵素サプリは市販に出回りにくいので、通販のみの取り扱いとなってしまうことが多いです。
値段も酵素サプリよりも高くなってしまいます。

 

手軽に酵素ってどんなものかを知りたいという方には酵素サプリがおすすめです。

 

消化酵素と食物酵素の働き

 

生酵素サプリで摂取できる酵素は、消化を助ける働きがあります。
野菜や果物がもっている酵素は食物酵素と呼ばれ、生酵素サプリに入っているのもこの食物酵素です。

 

食物酵素を食事の際に摂取できると、一緒に食べた食べ物の消化の手助けをしてくれます。
もともと人間の体内には、消化酵素という消化のための酵素があるのですが、この消化酵素は加齢とともに生成量が減少していってしまうのです。

 

減少していく消化酵素を補わないと、酵素がどんどん不足した状態になり、太りやすい体質になってしまいます。
生酵素サプリでうまく酵素を摂取することが、健康で太りにくい体質への近道となるのです。